悪玉菌の性質と種類

| 未分類 |

腸には体に良い働きをもたらしてくれる善玉菌と、体に悪影響を及ぼす悪玉菌が存在しています。その種類はウェルシュ菌と大腸菌の2種類がいます。

ウェルシュ菌の性質は腸内での腐敗を進めたり、細菌毒素や発がん性物質を産生してしますこと、さらに強い臭いを放つ有害物質を産生する性質を持っています。

また高齢になると増えていったり、肉料理を多く摂取することでも増えてしまいます。この菌を減らすには善玉菌の1種であるビフィズス菌を摂取することです。ビフィズス菌が増えることでウェルシュ菌の数を晴らすことができます。

次に大腸菌の性質はウェルシュ菌と同じように腸内での腐敗を進めたり、細菌毒素や発がん性物質を産生してしますことがあります。ただし大腸菌には体に悪影響を及ぼすものと、そうではないものがいます。

このどちらの菌もタンパク質やアミノ酸などを分解することで増殖をしていきます。日本人は側の欧米化の影響で肉料理が増えて、高タンパクな食事が増えました。

その影響で昔と比べて腸内環境が悪くなってきています。これを改善するには野菜などの食物繊維が豊富な食事を多く摂取することです。

また運動不足などの生活習慣でも増殖してしまいますので、適度な運動を行い食生活を見直すようにしましょう。