乳酸菌の便秘改善効果とは

| 未分類 |

皆さん、腸の調子はどうでしょうか?何日も便が出なくてお腹が張ってしまったり、便が出るとき固くて出すのが痛かったりしませんか?そんなつらい症状に効果があるとされ、誰でも一度は耳にしたことがあるのが、乳酸菌です。
乳酸菌は、ブドウ糖や乳糖などを分解し、たくさんの乳酸を生成します。この乳酸が、大腸の動きを活発にする働きがあるので、乳酸菌は便秘の改善、予防に効果があるのです。
また乳酸菌には、便の水分量を調節してくれる働きもあります。
                                        日食            

正常な排便が行われず、便が長い時間、大腸の中に留まってしまうと、水がどんどん吸収されてしまいます。正常な便の水分量が80%に対し、停滞していた便は約60%まで減ってしまいます。その為、水が少なくなった便は固くなり、さらに排出しにくい状態になってしまい、どんどん症状が悪化してしまうこともあります。ですが、乳酸菌は、こういった便の水分不足も予防してくれます。
だから乳酸菌は、大腸の動きを活性化させて排便を促し、さらに便の状態まで良い状態にしてくれて、排便しやすい便に変えてくれる効果がある優れものなのです。乳酸菌を増やすには食物繊維を多く摂取するのがオススメです。皆さんも、乳酸菌で、毎日快腸に過ごしてみてくださいね。