ビフィズス菌のとの違いは?

| 未分類 |

“スーパーやコンビニなどに売られているヨーグルトには、腸によいとされる様々な菌の名称が表記されています。ヨーグルトと同じように腸に効く乳酸菌飲料においても、似たような状況です。
これらの表記を読んでいて、何か疑問に思うことがないでしょうか。一体これらの菌には、どのような働きの違いがあるのかということです。
特に代表的な例が、ビフィズス菌と乳酸菌です。この2つは、以前からよく聞かれる名称になります。
                                        –¼Ì–¢Ý’è-2                          

実は、ビフィズスという名の菌は乳酸菌でもあるのです。乳酸菌という大きな枠組みの中の一つに含まれていると考えてください。
但し、乳酸菌は腸によい効果をもたらす菌の総称で、ビフィズスと呼ばれる菌には、乳酸と酢酸を作り出す働きがあることから、場合によってはこの2つを区別して記述することもあります。
それぞれ、ブルガリア菌、カゼイ菌、ビフィダム菌、ロングム菌などといった細かな名称もあり、これらは若干働きに違いが見られます。
ですが、どの菌も善玉菌の一種ですので、特定の菌を無理に選ばなくても、腸内の善玉菌を増やすことには変わりはありません。
世の中には様々な菌の名称でアピールしている製品が出回っていますが、基本的に好みや好奇心で選んでいても、腸の健康を維持するのに問題はありません。”