日和見菌の性質

| 未分類 |

よくコマーシャルなどのフレーズで「腸内バランス」という言葉を耳にしますが、これは大腸の中を構成している細菌のバランスのことを言います。腸内細菌には善玉菌、悪玉菌のほか、日和見菌という菌がいて、それぞれが一定のバランスを保つことで腸内の健康が保たれています。
通常、健康な人の腸内バランスは善玉菌2割、悪玉菌1割となっており、残り7割が日和見的な菌となっています。
日和見とはどういう意味かというと、形勢をうかがいその時々で有利な方につこうとすることを指し、菌の場合は環境が悪くなったら悪い方へと働き、良い環境では良い方へと働く、どっちつかずの菌ということになります。
地球06                                                                  
このどっちつかずな菌が腸内バランスを形成する菌の中で最も多い7割を占めるため、腸内環境が悪化した際には一気に悪い方へと傾いてしまいます。そのため、善玉菌がしっかりと定着した、良好な腸内環境を保つよう気を付けなければなりません。
代表的な善玉菌として、ビフィズス菌や乳酸菌が挙げられます。腸内環境を良好に保つ食品として、ヨーグルトなどこれらの菌が含まれた食品も多数販売されています。また、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖も腸内環境を改善する食品として注目されています。
こういった食品をうまく生活に取り入れて、腸内バランスの健康を保つことが大切です。