最近を構成する全ての成分のことを菌体成分といいます。
プロバイオティクスとしてビフィズス菌などの有益な細菌を摂取するときには、生きた菌でないと効果がないと言われていましたが、近年の研究では、死んだ菌でも体にとって有益な働きをすることがわかっています。
ただ、細菌のどの部分が有益なのはわからないので、菌体の成分という表現をしています。
                                                                

これは、小腸での免疫力の増強に関係していて、小腸では食品から摂取した栄養素が体内に吸収される器官ですが、粘膜には吸収される物の中に体にとっては有害なものが含まれていないを判断して、排除する免疫細胞があります。
細胞の中には、病原菌を認識する受容体があり、このレセプター(受容体)は病原菌を認識すると抗菌性物質を分泌して感染を未然に防ぎます。
ヨーグルトなどに含まれているビフィズス菌などの成分は、TLR2受容体を刺激して抗菌物質を分泌させて、更にナチュラルキラー細胞(ガンになった細胞やウィルスに感染した細胞を見つけて殺す働きがある免疫細胞)を活性化させて、IgA抗体(ウィルスなどの感染を防ぐための物質)の産生を促してくれる作用があります。
菌体に含まれる成分には、有害なものと体に良いものがあることがわかります。