善玉菌の性質と種類

| 未分類 |

善玉菌とは人体の腸に生息する有益な菌で、現在、解明されているだけで30種類もの菌が確認されています。その役割には、ブドウ球菌・ピロリ菌を始めとする悪玉菌の発生を抑制したり、消化機能の働きを良くしたりして、お腹の調子を良好にする働きがあります。

一般的には乳酸菌とも呼ばれており、そういった菌が入っている飲料や食品も沢山、市販されているため、馴染みが深く聞いたことがあると言えます。特に乳酸菌は、人体の病気に対しての免疫力を向上させたり、コレステロールの改善にも効果があります。
                                        地球05                                   

その種類については、ラクトバチルス、乳酸球菌、ビフィズス菌に大別されますが、ラクトバチルスは小腸に生息しますが棒状の形状をしており、悪玉菌の発生の抑制とその免疫を高めたりします。乳酸球菌は、コレストロールを下げる働きがあり、ビフィズス菌は大腸の働きを良くして、悪玉菌を追い出す効果があることが指摘されています。

また乳酸菌には、動物性の由来のものと植物性の由来のものの二つの由来による菌があります。共にその菌の働きについては由来は違っていても相違がなく、例えばミルク由来ならミルクにアレルギーを持っている方は植物性の由来の乳酸菌を摂取するなどの工夫した摂取を行うことが出来ます。

日頃から乳酸菌を多く含んだ食品を摂取することは、免疫力向上とコレストロールを下げるため、健康な生活を送るために欠かすことが出来ません。